櫛引八幡宮・神事流鏑馬とは?

sokaijoba

櫛引八幡宮・神事流鏑馬(読み方:くしひきはちまんぐう しんじやぶさめ)は、青森県八戸市にある、櫛引八幡宮の秋季例大祭で、毎年行われます。

馬上から的を弓で射る射手奉行(しゃしゅぶぎょう)は、1回の走りで3つの的を狙って駆け抜けます。

その後に続いて、介添奉行(かいぞえぶぎょう)が「よう射たりや」と連呼しながら射手の後を駆け抜けていきます。

介添奉行は、孫が見事命中させた際、それを見た祖父が喜びの余り「よう射たりや」と叫んで馬場を疾走したのが元となっているそうです。

射手奉行は3回の走りを繰り返し、的を合計9回狙います。

櫛引八幡宮・神事流鏑馬の始まりや由来、歴史、起源は?

遠野南部氏4代・南部師行(なんぶ もろゆき)が1335年(建武2年:けんむ)に、鎌倉鶴岡八幡宮にならい奉納したことが起源とされます。

現在行われているものは、1984年(昭和59年)11月7日に復興されたもの。

南部直栄(なんぶ なおひさ)が八戸から岩手県遠野市へ転封(てんぽう:幕府の命令で領地を移す事)し、1661年(寛文元年:かんぶん)に、遠野郷八幡宮(とおのごうはちまんぐう)を現在地に遷宮(神殿を造営又は改装するときに神体を移す事)して、流鏑馬用の馬場(ばば)を造り奉納して受け継がれていきます。

櫛引八幡宮・神事流鏑馬は、いつ行なわれるの?

毎年旧暦の8月15日(新暦と違う為、毎年開催日が変動)、秋季例大祭時に行われます。

櫛引八幡宮の場所・住所(アクセスと駐車場)

青森県八戸市八幡字八幡丁3

▼自動車
八戸自動車道八戸ICより国道104号にて約10分

専用駐車場が有ります。

▼電車
JR八戸駅より車で約10分、徒歩約50分

流鏑馬はこちら

-日本の馬の祭り・神事, 青森県の馬の祭り・神事