盛岡八幡宮例大祭・神事南部流鏑馬とは?

sokaijoba

盛岡八幡宮例大祭・神事南部流鏑馬(読み方:もりおかはちまんぐうれいたいさい しんじなんぶやぶさめ)は、岩手県盛岡市にある、盛岡八幡宮の例大祭で、毎年行われます。

馬上から的を弓で射る射手奉行(しゃしゅぶぎょう)は、1回の走りで3つの的を狙って駆け抜けます。

その後に続いて、介添奉行(かいぞえぶぎょう)が「よう射たりや」と連呼しながら射手の後を駆け抜けていきます。

介添奉行は、孫が見事命中させた際、それを見た祖父が喜びの余り「よう射たりや」と叫んで馬場を疾走したのが元となっているそうです。

射手奉行は3回の走りを繰り返し、的を合計9回狙います。

盛岡八幡宮例大祭・神事南部流鏑馬の始まりや由来、歴史、起源は?

遠野南部氏4代・南部師行(なんぶ もろゆき)が1335年(建武2年:けんむ)に、鎌倉鶴岡八幡宮にならい青森県八戸市にある櫛引八幡宮(くしひきはちまんぐう)へ奉納したことが、遠野南部流鏑馬の起源とされます。

1681年(延宝9年:えんぽう)に盛岡八幡宮が建てられ、例祭の中心神事として行われたのが始まりです。

現在行われているものは、1950年(昭和25年)に復興されたもの。

盛岡八幡宮流鏑馬神事は、1988年(昭和63年)7月1日に、盛岡市無形民俗文化財に登録されています。

盛岡八幡宮例大祭・神事南部流鏑馬は、いつ行なわれるの?

毎年9月16日、例大祭の最終日に行われます。

盛岡八幡宮の場所・住所(アクセスと駐車場)

岩手県盛岡市八幡町13−1

▼自動車
盛岡駅より約13分、東北自動車道盛岡ICより約15分

専用駐車場は有りますが、周辺にも有料駐車場・コインパーキングがあります。

▼バス
厨川中央線「八幡宮前」(約15分)で下車すぐ

流鏑馬はこちら

-岩手県の馬の祭り・神事, 日本の馬の祭り・神事