明治神宮秋の大祭・流鏑馬とは?

sokaijoba

明治神宮秋の大祭・流鏑馬(読み方:めいじじんぐうあきのたいさい やぶさめ)は、東京都渋谷区にある、明治神宮の秋の大祭で、毎年行われます。

公益社団法人大日本弓馬会・武田流(こうえきしゃだんほうじんだいにほんきゅうばかい たけだりゅう)が奉納します。

馬上から的を弓で射る射手(いて)は、長さ約210m(120間:けん)の直線の流鏑馬馬場(ばば)を駆け抜けながら、3つの的を狙います。

スタート地点を馬場本(ばばもと)と呼び、一の的(いちのまと)、二の的(にのまと)、三の的(さんのまと)、ゴール地点を馬場末(ばばすえ)と呼びます。

射手は2組に分かれ、的の種類を変え2回ずつ走り、合計6回狙い、成績上位者は競射(きょうしゃ)へ進みます。

檜を編んで白紙を貼り、五色の丸的が描かれた一辺約55cm(一尺八寸)の、式の的を使います。

成績優秀で行われる競射では、三寸(直径約9cm)の素焼きの皿2枚を合わせ、中に五色の切り紙が入った土器三寸の的を狙います。

馬場の両側には埒(らち)が設けられ、進行方向の左側に的があり、的側は男埒(おらち)と呼び、反対側は女埒(めらち)と呼びます。

明治神宮秋の大祭・流鏑馬・武田流流鏑馬の服装

鬼面綾檜笠(きめんあやひがさ:神事の際は頭頂部に鬼の面をつける)、競射の際は鬼面を外します。

鎧直垂(よろいひたたれ:鎧の下に着る着物)、行縢(むかばき:鹿の夏毛で作られる)、射籠手(いごて:弦が袖に当たるのを防ぐ)、太刀、前差し(まえざし)、弦巻(つるまき)

和鞍(わぐら)、和鐙(わあぶみ)、和銜(わばみ)を使います。

明治神宮秋の大祭・流鏑馬の始まりや由来、歴史、起源は?

1920年(大正9年)に奉納され、1932年(昭和7年)~1944年(昭和19年)まで奉納され、1953年(昭和28年)に再開され、現在まで続いています。

明治神宮秋の大祭・流鏑馬は、いつ行なわれるの?

毎年11月3日(文化の日:明治天皇の誕生日)、秋の大祭の最終日に行われます。

明治神宮の場所・住所(アクセスと駐車場)

東京都渋谷区代々木神園町1−1

▼自動車
代々木口からしか無料駐車場に入れず、参宮橋口、原宿口からは中へ入れません。

▼電車
・JR原宿駅より徒歩約1分
・東京メトロ千代田線・副都心線、明治神宮前〈原宿〉駅より徒歩約1分
・JR・都営大江戸線、代々木駅より徒歩約5分
・東京メトロ副都心線、北参道駅より徒歩約5分
・小田急線、参宮橋駅より徒歩約10分

流鏑馬はこちら

-日本の馬の祭り・神事, 東京都の馬の祭り・神事