日光東照宮・神事流鏑馬とは?

sokaijoba

日光東照宮・神事流鏑馬(読み方:にっこうとうしょうぐう しんじやぶさめ)は、栃木県日光市にある、日光東照宮の春季例大祭(しゅんきれいたいさい)と秋季大祭(しゅうきたいさい)で、毎年行われます。

弓馬術礼法小笠原教場(きゅうばじゅつれいほうおがさわらきょうじょう)が奉納します。略称(小笠原流)。

馬上から的を弓で射る射手(しゃしゅ)は、石鳥居手前の山内表参道大手通りに設けられた特設馬場(ばば)、長さ約220mの直線の上り坂を駆け抜けながら、3つの的を狙います。

矢を番える(つがえる)動作の間に、「陰陽(いんよー)」という声を発します。

スタート地点を馬場元(ばばもと)と呼び、一の的(いちのまと)、二の的(にのまと)、三の的(さんのまと)、ゴール地点を馬場末(ばばすえ)と呼びます。

的は一辺約55cm(一尺八寸)の杉板。

馬場の両側には埒(らち)が設けられ、進行方向の左側に的があり、的側は男埒(おらち)と呼び、反対側は女埒(めらち)と呼びます。

日光東照宮・神事流鏑馬・小笠原流流鏑馬の服装

綾藺笠(あやいがさ:いぐさを編んで裏に布を張った笠)、鎧直垂(よろいひたたれ:鎧の下に着る着物)、行縢(むかばき:鹿の夏毛で作られる)、射籠手(いごて:弦が袖に当たるのを防ぐ)、太刀、弦巻(つるまき)

和鞍(わぐら)、和鐙(わあぶみ)、和銜(わばみ)を使います。

日光東照宮・神事流鏑馬の始まりや由来、歴史、起源は?

昭和28年5月に、石鳥居手前左側の下新道で、戦後の復興を願う為に行われたのが、春季例大祭での神事流鏑馬の始まりと言われ、1998年(平成10年)に世界遺産登録を控え、より多くの方に見てもらう為に秋季大祭でも行われるようになったそう。

日光東照宮・神事流鏑馬は、いつ行なわれるの?

毎年5月17日、春季例大祭の初日に行われます。

毎年10月16日、秋季大祭の初日に行われます。

日光東照宮の場所・住所(アクセスと駐車場)

栃木県日光市山内2301

▼自動車
日光宇都宮道路日光ICより約10分

※専用有料駐車場があります(200台)。

▼電車
東武鉄道東武日光駅より車で約5分、JR日光線日光駅より車で約7分

▼バス
東武日光駅・JR日光駅より、世界遺産めぐりバス・湯元温泉方面行バス「西参道」で下車、徒歩約5分

流鏑馬はこちら

-日本の馬の祭り・神事, 栃木県の馬の祭り・神事